井戸掘りで水を確保しよう~緊急時に備えYO~

井戸

事前に確認をする

井戸

留意点を知って地盤調査を実施する

私達が普段生活をする上で建物の安全性が守られていない場合には、大きな事故に繋がる可能性があります。危険を回避するためにも、建設が予定されてい場所には、地盤調査をしておく必要性があります。建設する場所としては、戸建て住宅やビル以外にも、ダム建設であったり、港湾施設などもあります。地盤調査を実施する場合には、それぞれのケースで、調査深度には違いがあります。専門業者が十分に確認できる事が重要なポイントになります。地盤調査を実施する専門業者選びについては、実績のある業者を選択する様にしてください。

実際の作業工程を知っておく

一般的な戸建て住宅においても、地盤調査は実施できます。普通に考えると、チェックポイントは一ヶ所でいいと感じるかもしれませんが、最低でも5ヶ所のチェックは必要になります。例えば、建物によっては、道路に面している玄関部分と、建物の奥のポイントでは値が違ってくる事もあります。最低4隅と中央部分のチェックが必要になる事は、知っておくべき内容になります。地盤調査の方法として、一般には、スウェーデン式サウンディング試験というやり方が実施されます。スクリュー式の器具を地中に入れていき、地盤の固さを調査する事になります。唯、この調査だけでは不十分ですので、N値と呼ばれる強度を示す値が重要になります。様々な角度からの地盤調査結果が参考になって、建物の建設に至る事になります。参考にしておいてください。また、地盤調査以外にも家庭でやっておくと便利なものもあります。その一つに井戸掘りがあり、井戸掘りでは水が出るか確認し、水が出るようであれば井戸を設置することが出来ます。井戸というのは昔から利用されているもので、最近はあまり見ることがなくなってきたといえます。しかし、井戸があれば水を確保することができ、災害時の備えとして役立つので今のうちから備えておくことが良いといえるでしょう。

調査を行なっておく

現場作業員

建物の安全性は、人の安全な生活に直結するものです。そのため、国が定める建築物に関する法令なども、途中で修正が加えられながら変化して現在に至っています。その一つに地盤調査が挙げられます。

身の危険を守る

現場作業員

地盤調査というのはあまり聞き慣れない言葉ですが、これは身の危険を守るためにもとても重要なものだといえます。なぜなら、地盤がしっかりしていないで建物を建設してしまうと倒壊する危険があるので確認をすることが重要だといえるでしょう。

必ず行なわれている

女性

地盤には水はけの良い砂利層のある頑丈な地盤もあれば、軟弱層と呼ばれている地盤もあります。一般的にビルなどの大きな建物を建築する際には、必ず地盤調査が行なわれており、その結果軟弱層だった場合には地盤改良工事も行なわれます。